日本一の鹿児島黒牛に名前を付けてみませんか?

※鹿児島黒牛は、平成29年開催の「第11回全国和牛能力共進会」において総合優勝を獲得し、「全国和牛チャンピオン」に輝きました。

家畜の中でも、実は牛は、“太郎”や“はなこ”のような名前(名号という)を持っています。
一般的に飼い主がペットに名前を付けるように、牛も子牛が生まれた際に、所有者(牛生産農家)が名前を付け、その名前は他の情報とともに、公式に登記されることとなります。
それらの名前は、親牛の名前の一文字づつを用いたり、身内や芸能人の名前を付けてみたりと様々です。
意外と簡単に命名している牛の名前ですが、牛生産農家に代わって、皆さまが意思を込めた名前を付けてみませんか?
自分の名前や、身内の名前、好きな人の名前、尊敬する人の名前 等

※但し、命名にはルールがあります。

オス漢字表記8文字以内
(数字を含めてもOK)
瑛太、翔、金太郎 等
メスひらがな表記さくら、ももこ、あい55 等
→ 常識的に不適切な場合は、却下される場合があります。

そもそも、牛に名前を付けている人は周りにはいないと思いますし、2021年はうし年ですので、今から”ちょっとした自慢”になるかも!?しれません。

日本一の鹿児島黒牛の命名者になるという事は、これまでにない新たな価値や、満足感を得られる事ができる筈です。

また、皆さまによる鹿児島黒牛への命名は、牛生産者への支援にも繋がり、今後の励みにもなり得ます。


詳細はこちらをご覧ください。